コラム

コラム

2018.05.25

梅雨のAGA対策 

薄毛や脱毛等のAGA(Androgenetic Alopeciaを略してエージーエーと呼ぶ)とは「男性型脱毛症」を指します。成人男性にみられる生え際や頭頂部が、片方もしくは両方薄くなる状態です。遺伝や男性ホルモンの影響により、髪が抜けて薄毛が目立ちます。また、抜け毛や薄毛になり始めてから長期間放置すると、紫外線や温度変化、湿度変化など外部からの直接刺激を受けるので頭皮自体が硬くなります。頭皮が硬くなると次第に毛穴もふさがっていき、髪の毛が生える要因が阻害され発毛しづらくなります。ユナイテッドクリニック大阪梅田院は、AGA(男性型脱毛症)治療薬のプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)、アボルブ(デュタステリド)、ロゲイン(ミノキシジル)、ミノキシジルタブレット、アロビックス、ケトコナゾールシャンプーの処方だけではなく、勃起不全(ED)治療のバイアグラ(シルデナフィル)、バイアグラジェネリック、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)、早漏治療薬のプリリジー(ダポキセチン)等、多くの治療薬を取り扱う男性専用のクリニックです。大阪駅、梅田駅、東梅田駅、北新地駅からも程近い太融寺町にて毎日、診察・処方を行っております。

梅雨の時期はご用心

季節の変わり目である梅雨は気温と湿度の両方が上がり、蒸し暑くなります。これによって頭皮の皮脂量が増えたり、頭皮に存在する真菌が繁殖することで頭皮環境が悪化し、抜け毛や薄毛のきっかけが多くなります。
梅雨時期は湿度により髪の毛がまとまりづらく、スタイリング剤を多く使いがちです。雨にぬれたり、汗をかくことで整髪料などが頭皮に付着する機会も多くなります。長時間整髪料が頭皮についたままになったり洗い残しがあれば、毛穴のつまりや炎症が起こりやすい頭皮環境になり、抜け毛・薄毛がさらに進行します。

マラセチア菌と白癬菌

真菌はカビの仲間の総称で、マラセチア菌は皮膚常在菌という誰の皮膚にも存在します。ストレスや油っぽい食生活により頭皮から過剰に分泌された皮脂をエサにしてマラセチア菌は分解酵素リパーゼを分泌し、皮脂がグリセリンと遊離脂肪酸へと分解されます。遊離脂肪酸が酸素と触れる(酸化する)と過酸化物質に変化し、脂漏性皮膚炎を起こします。
白癬菌は水虫の原因でもあり、皮膚の一番外側にある角質成分のケラチンをエサとします。繁殖の原因としてはやはり高温多湿によるものですが、感染によって広がります。ペットの犬や猫からも感染し、フケやかゆみ、抜け毛を引き起こします。

ケトコナゾールシャンプーで真菌対策

ユナイテッドクリニック大阪梅田院を含むすべてのユナイテッドクリニックでは、有効成分ケトコナゾールを2%配合したケトコナゾールシャンプーを取り扱ってます。頭皮の皮脂をしっかり取り除き、悪化した頭皮環境を改善してくれます。また、AGAの原因となる男性ホルモンDHT(ジヒドロステロン)も抑制するので発毛・育毛の効果があります。ただし、洗浄力が強いのでトリートメントの併用をお勧めします。

ミノキシジルで毛母細胞活性

薄毛は頭皮全体の血行不良が原因で起こることが多く、日頃の不摂生などで血流が悪くなり髪の成長に必要な亜鉛、タンパク質、ビタミンなどの栄養素が行き届きません。ストレスからくる自律神経の乱れも同様に血管が収縮し血流が悪くなる原因です。ミノキシジルの効果は、血流を改善し髪の毛の元となる毛母細胞を活性化することにより髪に必要な栄養素を頭皮の毛乳頭に直接届けることで毛髪サイクルを整えます。髪の毛が生えやすくなる環境と成長を促し、栄養が行き渡ることで髪の毛が太く、濃く生えてきます。

ミノキシジルの外用薬と錠剤(ミノキシジルタブレット・ミノタブ

日本国内では大正製薬の「リアップ」がミノキシジルを配合しており、海外では「ロゲイン(Rogaine)」がミノキシジルの外用薬としてあります。成分が同じなので効果や副作用についても同じです。異なる点はリアップが国内認可の第一類医薬品に対して、ロゲインは国内未承認の医薬品という点です。ミノキシジルの錠剤、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)はAGA治療(薄毛治療)専門のユナイテッドクリニック各院で処方しています。

注意

ミノキシジルはもともと血圧降下剤なので、低血圧の方は血圧が下がりすぎてしまう可能性があります。低血圧の方は医師に申し出てください。

副作用

ミノキシジル外用薬にみられるものは皮膚症状で、ミノキシジルタブレットで現れるものには体毛増加などがあります。主に報告されているものとしては体毛が濃くなる、頭痛、めまいや動悸、顔のむくみなどがあります。

知っておいて損はない初期脱毛

髪にはヘアサイクルという周期があります。太く長く育つ成長期、成長が止まる退行期、脱毛が始まる休止期と髪は発毛と脱毛繰り返していて、男性ホルモンの影響によってヘアサイクルの乱れが生じます。
AGA治療を開始すると、いま生えてる髪の毛の奥で次の髪の毛の元が作られます。成長期に入ると、次第に弱くなっている髪の毛が押し出されます。これを初期脱毛といいます。ちなみに初期脱毛の期間があり、1~2週間の人もいれば約3か月続いた人もいるので個人差はありますが、約1ヶ月間です。脱毛量は通常の約2~3倍の約200~300本です。初期脱毛は突然終わります。その後、発毛に変わっていきますので最初は戸惑うかもしれませんが、治療の効果が表れている証拠なので安心して治療を継続してください。

抜け毛、薄毛が気になったらユナイテッドクリニックへ

今回紹介したケトコナゾールのシャンプーとミノキシジルは併用できます。また、AGA治療では「最低でも6か月、1年は継続が必要」としているので、AGA治療は長い目で見て長期的、継続的、効果的に治療することが重要となります。「最近抜け毛が多いな」「髪の毛が細くなったな」と感じたら早めに当院へご相談ください。ユナイテッドクリニック大阪梅田院は男性専用のクリニックです。スタッフもすべて男性です。AGAのご相談の他にもED(勃起不全)・早漏に関してもお気軽にご相談お待ちしてます。

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト