コラム

コラム

2017.09.01

プロペシアと耐性 大阪ユナイテッドクリニック

AGAの治療対策として欠かすことのできない薬「プロペシア」 効果を維持するためには継続し飲み続ける必要があります。飲み始めの頃はプロペシアの効果を感じていたのだが、10年にもわたって飲み続けることによって最初の頃よりもプロペシアが効かなくなったと感じる方もいると思います。今回はプロペシアも一般的に同じ薬と同様、飲み続けることによって身体に耐性がついてしまうのか、服用頻度を2日に1回にしても問題はないのかなど、プロペシアの説明や効果的な飲み方などと併せてご説明いたします。またフィナステリドとプロペシアの違いなども紹介していきたいと思います。

プロペシアとは

プロペシア(有効成分:フィナステリド)はドアメリカの医薬品メーカー「メルク社」が開発した世界初の飲む育毛剤です。日本では「MSD株式会社」より販売されています。

AGAの原因は男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」で、そのジヒドロテストステロンはテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変化して生成されます。フィナステリドは5αリダクターゼの働きを抑制し、テストステロンがジヒドロステロンに変化するのを防いでくれる働きがあります。臨床試験では90%以上の人に対して抜け毛の進行制御や改善効果が示されました。

AGA治療薬としての効果が高いことから知名度も高く、AGAの体験談ブログやコラム、ネット掲示板などでも取り上げられることが多くあります。そのため専門のクリニックや病院での処方ではなく、ネット通販や個人輸入から購入する方が増えてきてます。価格が安く気軽に買えるからといってそのような非正規ルートで購入すると偽物など粗悪品が届くケースもあるようですので注意が必要です。またプロペシアには副作用があり、AGAの効果があるからと言って自己判断で安易に使用するのはやめましょう。医師の指導のもと正しく使用すればまったく問題はありません。

プロペシアとフィナステリドの違い

「プロペシア」と「フィナステリド」は基本的には同じものです。フィナステリドを製品化した商品名がプロペシアです。フィナステリドはもともと前立腺肥大の治療薬として使用されていたのですが、その副作用に発毛効果があるということがわかり、そのフィナステリドを使用した育毛剤の開発に発展していきました。そして誕生したのがAGA治療薬プロペシアです。日本では2005年に厚生省に承認され、その年の12月にMSD株式会社より販売が開始されました。プロペシアの主成分はフィナステリドなので、「沢井製薬」や「クラシエ」が販売しているフィナステリドという商品はプロペシアのジェネリック医薬品になります。また主成分が同じなので効果や効能 副作用も同じとなります。

プロペシアの耐性

薬剤に対しての「耐性」とは繰り返し服用をすることで身体が抵抗を持ち、薬剤の効果が段々と薄れていくことを言います。プロペシアを販売しているMSD株式会社はプロペシアの耐性について「耐性について報告された文献はこれまでのところなく、国内では3年、海外では5年に渡る長期的な試験が実施されており、プロペシアの服用によってそれぞれ98%、90%の患者にAGAの進行抑制、改善効果が認められ、この試験期間中には耐性は見られなかった」と答えており、5年に渡って耐性が見られなかったということは、それ以降も耐性がつくことは考えにくいです。プロペシアの効果を感じなくなってきた場合などは、他の薬剤ミノキシジルタブレットやデュタステリドなどを試してみるのもお勧めです。また、効かなくなったからといって自己判断で量を増やすというのは副作用が強く出る可能性がありますのでやめましょう。

プロペシアの効果的な飲み方

プロペシアは1日1回1錠服用してください。2日に1回の頻度で服用している方がいらっしゃいますが、しっかりとした効果が現れなくなりますので、必ず1日1回1錠を服用するようにして下さい。食前食後、飲む時間などは決まってませんが、毎日同じ時間に飲むことでより効果が現れます。飲むときはお水または白湯などで服用して下さい。お酒などと一緒に服用すると効果が落ちてしまうことがありますので、お酒と一緒に服用することはお止め下さい。また薬の成分は一時的ですが肝臓に留まるようになっており、アルコールも肝臓で分解されますので、薬と一緒に飲んだり、飲酒直後に服用すると肝臓に負担がかかってしまいます。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用は頭痛・腹痛・下痢・眠気・胃痛・頻尿・めまい・肝機能の低下・男性機能の低下・性欲の低下・乳房肥大・過敏症などが主な副作用として報告されていますが、副作用の発現率は低く、非常に軽度のもので重篤な副作用は報告されていません。

プロペシアを服用できない方

・AGA以外の薄毛患者の服用

プロペシアはAGA患者に対して効果のある治療薬なので、それ以外の脱毛症(円形脱毛症など)に対して治療効果はありません。

・女性の服用

女性、特に妊娠中、妊娠の可能性がある方は胎児に悪影響を及ぼす可能性があるため服用はもちろんプロペシアに触れるのも禁止です。

また、未成年の方、肝機能障害の方は服用できませんので注意してください。

他にも一緒に服用することができない薬もありますので、薬を処方してもらう際は必ず服用している薬剤名を控えるか、お薬手帳を持参して医師に診てもらうようにして下さい。ユナイテッドクリニックではフィナステリドの他にもデュタステリドやミノキシジルタブレットなど豊富なAGA治療薬を取り扱っております。AGAでお悩みの方は是非一度当院にご来院下さい。診察料などは頂いておりませんので、相談のみでも構いません。当院一同お待ちしております。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト