コラム

コラム

2017.09.01

デュタステリドとは 大阪ユナイテッドクリニック

デュタステリドは2015年9月に厚生労働省より男性型脱毛症(AGA)治療薬として認可された医薬品成分となります。AGA治療薬の主流として認識度は高まっています。今回はデュタステリドの効果や副作用、半減期、作用機序、初期脱毛の起こる原因、飲み方などについてお話しさせていただきます。またこういったAGA治療薬を服用し続けることによって耐性が付いて効かないという方がいますが本当なのでしょうか。それぞれ併せて説明させていただきます。

AGAとデュタステリド

脱毛が抑えられる医薬品成分「デュタステリド」はAGA治療薬としてグラクソ・スミスクライン社の『ザガーロ』という薬名(商品名)で流通されることになりました。もとは前立腺肥大症治療薬のデュタステリドとして『アボルブ』という薬名(商品名)にて流通されていたものと同様の主成分になります。
前立腺肥大症とは、前立腺が腫大することで尿道が圧迫されて尿道抵抗を起こす症状で男性ホルモン(テストステロン)が原因で引き起こされる男性特有の疾患です。デュタステリドはテストステロンからより強い男性ホルモンとして作用する「ジヒドロテストステロン」の活性化を阻害し、前立腺肥大症を改善するものとして適用されました。
AGAもジヒドロテストステロンが原因とされていて、ジヒドロテストステロンの生成を抑える5α還元酵素阻害効果があるデュタステリドをAGA治療薬として利用するようになりました。

デュタステリドの作用機序

通常のヘアサイクルは約4,5年と言われており、薄毛の人では短い期間でヘアサイクルが回っていく為、脱毛が進行していきます。AGAの原因となってしまうジヒドロテストステロン(DHT)は酵素の働きによって、テストステロンから作られます。このときの酵素を5α還元酵素(5αリダクターゼとも記載されます。)といいます。5α還元酵素が働きかけることで、テストステロンからジヒドロテストステロンへと変換されます。デュタステリドはこの5α還元酵素を阻害することができ、ジヒドロテストステロンの生成を抑制し、脱毛を抑えることができます。
ジヒドロテストステロンの働きを抑えることはヘアサイクルを改善して「脱毛を抑える働き」があるといえます。そのためデュタステリドを使用することで髪の毛の長さや太さなど質の改善ができ、必然的に毛髪の量が増えることになります。ただデュタステリドは発毛を促進するわけではありません。また、現時点では耐性があると結びつけるのは難しいようです。

デュタステリドとフィナステリドの違う点

医薬品成分「フィナステリド」はAGAの進行を遅延する効果が認められています。大きな違いとして5α還元酵素には1型と2型の2種類があり、フィナステリドは2型のみに効果を発揮します。それに対しデュタステリドは1型と2型の両方に効果を発揮しフィナステリドよりも強くジヒドロテストステロンの生成を阻害してくれます。その治療効果はフィナステリドの1.5倍であると言われています。他に挙げる点としては薬の効果の半減期にも違いがあります。フィナステリドは成分が血液中に溶け出してからその効果が半減するまでの時間が3時間から5時間に対し、デュタステリドは3週間から5週間となります。半減期が長いということは薬が作用している時間も長いということが言えます。
上記のことから欧米のみならず日本でもAGA治療薬の主流としてデュタステリドの認識度は高まっています。

デュタステリドの服用上の注意点

ザガーロの添付文書によると男性成人には、通常デュタステリドとして 0.1mgを1日1回経口投与する。なお、必要に応じて0.5mgを1日1回経口投与するとあります。
飲み方としては1日1回時間を決めて必ず服用して下さい。時間帯を決めて飲むことで効果が上がります。残念ながら飲み忘れがあることで効果の減少や脱毛が治らないという報告もあります。またAGA治療薬はアルコールと相性が悪い為、飲酒される方はその点を考慮の上服用の時間を決めることが大切です。その他、過渡なブラッシングや頭皮へのマッサージは毛髪を痛め、抜け毛の原因となりますので注意が必要です。
AGA治療薬は効果が出るまで時間がかかります。個人差はありますが、6ヵ月ほどの服用期間が必要とされています。

デュタステリドの副作用

デュタステリドの副作用としては以下の内容が挙げられます。基本的なものはフィナステリドに類似しています。
・勃起不全
・性欲減退
・乳房痛
・肝機能
ザガーロ添付文章の承認時データによると副作用は2割程になりますので極端に心配することはないでしょう。また、服用することで初期脱毛が起こり効かないと感じてしまう方もいるようですが、これは新しい毛母細胞が活性化することで今までの古い毛髪が新しい毛髪に押し出されることによって起こる症状です。初期脱毛が起こったからといって薬の服用を中断するのはおやめください。

デュタステリドを服用してはいけない方としては、前立腺肥大という男性特有の臓器の治療を目的に開発されているため女性や小児の服用はできません。また、フィナステリド、オキセンドロンなどの5α還元酵素阻害作用のある薬と併用はできません。他に重度の肝機能障害のある方やそれに影響のある持病等をお持ちの方は服用は控えて頂いております。副作用が気になる方や、持病に不安のある方は使用を試みる前に医師に相談してから服用するようにして下さい。

ユナイテッドクリニックではデュタステリドの他にもフィナステリドやミノキシジル、AGAメディカルドクターズセレクトなどを処方しております。AGA治療でお悩みの方は是非当院にご来院下さい。診察料などは頂いておりませんので相談のみでも構いません。AGAは早期治療が大切です。当院一同お待ちしております。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト