コラム

コラム

2017.09.01

早漏治療薬とは 大阪ユナイテッドクリニック

EDの症状が出ると併発しやすいと言われる早漏ですが、では時間的な程度はどれくらいなのかというとわかりやすく言えば「2分以内に射精してしまう」症状を指しています。早漏治療薬はダポキセチンを主成分としたプリリジーとポゼットが有名で、ダポキセチンとタダラフィル(シアリスの主成分)との合剤であるタダポックスなども人気となっています。EDと同様で原因は様々ですが一番に挙げられるのはモルモンバランスの乱れにあります。脳内伝達物質の1つであるセロトニンが不足してしまうため早漏治療薬(ダポキセチン等)を使用しホルモンバランスを整えることによって射精時間の延長を促します。

早漏の原因とメカニズム

まず第一にホルモンバランスの乱れが考えられます。脳内伝達物質の一つであるセロトニンが不足することが早漏の原因として最も多く上がります。セロトニンが不足することでノルアドレナリンが過剰分泌され脳内が過剰な興奮状態になってしまいます。そこで早漏治療薬(ダポキセチン等)を服用することでノルアドレナリンの働きを抑制しセロトニンの濃度を濃くすることで過剰な興奮を抑制でき射精時間を延長されることができます。若年層となると心因性が考えられたり遺伝子の仕組みによって精神を安定させる物質であるセロトニンが元々少ないといった場合もあります。若年層~中年層の方々はホルモンバランスの乱れから早漏を発症している可能性が高いので、早漏治療薬(ダポキセチン)の服用がお勧めです。

別の要因ではPC筋の衰えが考えられます。PC筋とはピューボコクシギウス(PuboCoccygeus)筋の略語で骨盤底筋や会陰尾骨筋と呼ばれる筋肉郡のことをいいます。尿道と肛門周辺にあるこの筋肉郡は8の字のような形をしており、主に排便や排尿をコントロールする役割を担っているのですが高齢者の方だとこの筋肉が衰えてしまうのが要因の一つだといわれています。

早漏の改善

若年層の早漏に関しては年齢を重ね経験を積むことによって改善することも多いかと思います。なぜなら「仮性早漏」の可能性が高いからです。経験・情報が少ない異性の裸や外部からの刺激によって神経が過敏になり興奮しすぎて暴発してしまうようなケースは厳密には早漏ではないため「仮性早漏」に分類されます。年齢に関わらず初体験は未知なるものです。新社会人として初めて仕事を始めた時には右も左もわからず極度の緊張に襲われた記憶は皆さんもあることでしょう。ましてや性行為となればなおさらです。しかし不思議なもので人間は ” 慣れる ” という感覚を持っているため経験から予測・対処できるようになり緊張が薄れていきます。その段階まで進めば自信や好奇心が勝り改善される可能性が高いというわけです。男性ならばその自信がどれだけ大きな影響を及ぼすか理解できると思います。加齢による早漏ならば筋トレも1つの方法かと思います。普段は仕事を精力的にこなしていても運動はしなくなった方は多いのではないでしょうか。最近では街中にスポーツジムも増え仕事帰りに汗をかくなんてことも耳にします。しかしながら全ての人が改善されるわけではありません。そんなときは早漏治療薬の力を借りましょう。改善するための最短ルートとして数々の特効薬が存在していますので一見の価値はあります。的確に作用し効率も良い為、多くの方が使用されています。

早漏治療薬の種類

製薬会社のジョンソン&ジョンソンが世界初の早漏治療薬として「プリリジー」を発売しました。「プリリジー」はダポキセチン(dapoxetine)を主成分としSSRI薬として臨床試験でも早漏を遅らせる効果がある認められています。ジョンソン&ジョンソンは幼児や女性が使用する薬が多く「肌に優しい・安全」と口コミでも人気があります。そんな製薬会社が販売しているなら少し安堵感がありますね。SSRI薬とは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」のことで脳内で不足しているセロトニンという物質の量を増加させ補う作用があります。これにより興奮による交感神経の活性を抑制し射精を防止する効果があります。今までは鬱病の治療(抗鬱剤)に用いられていましたが昨今では早漏治療にも使用されるようになりました。SSRI薬の代表的なものとして「パキシル」「プロザック」があります。ダポキセチンはパキシル同様SSRI薬の一種ですが用途を早漏治療薬として開発された成分で、性行為の時間だけ効果があり抗鬱剤のように体内に留まらず体外に排出されるので副作用も少なくなります。

プリリジー

日本国内ではまだ未認可ですが世界では60ヵ国以上で認可されて、そのうち30ヵ国では販売・処方されています。日本の病院では処方できない為、購入する場合は通販・個人輸入になります。

ポゼット

プリリジーのジェネリック医薬品でダポキセチンを主成分とし射精までの時間を3~4倍まで延長する効果があります。性行為の1~3時間前に服用し2~4時間効果が持続するため日本国内でも人気がありジェネリック医薬品の為、比較的安価になります。

リドスプレー

このスプレーには麻酔薬が含まれており行為の30分前に陰茎に直接吹き付け感度を鈍らせることで早漏を改善します。しかし、麻酔を使用した対処療法にすぎないため早漏「治療」にはなりません。

上記のように様々な種類がありますがED治療にも二次的効果として「射精遅延」の効果があることが海外の研究によりわかっています。

早漏治療薬の副作用

SSRI薬と似た副作用があり下痢・吐き気・眠気・頭痛・めまいがあります。ダポキセチンは用量が多いほど射精時間の延長が期待できますが、上限は1日90mgまでです。それ以上の服用は重度の副作用引き起こす原因になりますので自己判断で服用しないでください。

男性には子孫を残すという遺伝子が組み込まれています。いわゆる ” 本能 ” を掻き立てられる性行為は「パートナーを満足させてあげたい」といった衝動も湧きあがります。しかし一方で理性が働き、緊張や不安が出てくるため交感神経が活発化し陰茎が十分に勃起しなかったり極度に敏感になり射精が通常より早まったりします。そんな時は早漏治療薬が効果的であり心の支えにもなる特効薬となるでしょう。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト