コラム

コラム

2017.09.01

EDと泌尿器の病 大阪ユナイテッドクリニック

EDとは「Erectile Dysfunction」の略で勃起不全という意味となり、陰茎の勃起状態が維持できなくなってしまったり、満足な性行為を行えない状態のことを指します。またEDの原因も人それぞれ違い様々な理由からEDを発症してしまう可能性があります。

今回はいくつもあるEDの原因のなかから泌尿器の病とEDの関係性についてEDの原因や種類など合わせてご説明していきます。

EDとは

EDとは「Erectile Dysfunction」の略で勃起不全や勃起機能の低下を意味します。完全に勃起出来ない状態のことだけでなく、挿入後射精まで硬さを維持できない「中折れ」や挿入に必要な硬さが得られない人も含みます。

勃起とは性的な興奮により脳が刺激を受け、その信号が神経を通って陰茎にある海綿体へと伝わり海綿体内で勃起に必要な物質が増加します。この勃起に必要不可欠な物質を「cGMP(サイクリックGMP)」といい、この物質が海綿体の血管を広げ筋肉を弛緩させることによって大量の血液が海綿体内に流れ込みその結果陰茎が硬く大きくなります。その血液によって血管が圧迫されることによって勃起が維持されるのです。

簡単に勃起の仕組みについて説明しましたがこのどれか一つに異常があると正常に勃起出来なくなってしまったり、射精まで勃起が維持出来なくなってしまうのです。

EDの原因には大きく分けて3種類あります。仕事など人間関係によるストレスや過去の性行為の際のトラウマなどが原因の「心因性ED」、体の機能(神経や血管)に原因があり物理的に勃起力が低下してしまう「器質性ED」、病気や事故などに限らず服用している薬剤が原因で起きてしまう「薬剤性ED」があります。

次に器質性EDの原因の1つとも言われているある泌尿器の病についてご説明します

EDと泌尿器の病の関連性

泌尿器の病にも様々な種類がありますが中でも前立腺の病がEDを併発させる可能性が高いと言われています。

前立腺とは

前立腺とは男性特有の生殖器のひとつで尿道の周囲にある内線とまわりにある外線に分かれ、尿道を取り囲むような位置にある為排尿などの機能にも大きく関わっています。前立腺からは前立腺液が分泌されます。この前立腺液には精液の活動が女性の膣内で衰えないようにする保護液としての機能もあります。

前立腺肥大症とは

男性にとって大事な臓器である前立腺ですが加齢と共に肥大化することがありこれが前立腺肥大症と呼ばれます。30代から始まって60歳を過ぎると半数以上の方が80歳では9割の方にみられます。ただし全ての方に治療が必要という訳ではなくおよそ4分の1の方に治療が必要と言われています。また加齢以外にも男性ホルモンの低下によるホルモンバランスの乱れも原因とされています。男性ホルモンが低下すると逆に女性ホルモンが増加しその結果前立腺の肥大化などに影響があると言われています。他にもカフェインの過剰摂取や運動不足、肥満、高脂血症、高血圧など生活習慣の乱れが引き起こす可能性もあるのです。

前立腺肥大症は文字通り前立腺が肥大することによって周囲にある尿道や膀胱が圧迫され、頻尿や排尿遅延、残尿感といった様々な症状を発症します。排尿障害により通常の状態より膀胱内に尿が溜まっている時間が長くなってしまうため尿の中で細菌が繁殖してしまい尿路感染が起きやすくなる危険性があります。また尿の成分が固まって石のようになってしまう「結石」も起こりやすくなってしまいます。さらに尿がきちんと放出されないため膀胱が満杯の状態が続くと体内で尿を作っている腎臓にも負担がかかってしまい腎機能の低下などを引き起こす可能性もあります。

上記のように前立腺肥大症を発症すると排尿の際などに様々な障害が発生する可能性があるため早い段階での治療が必要です。少しでも違和感などを感じた際は専門の医療機関にご相談することをお薦めします。

ED治療薬と前立腺肥大症の関係

前立腺肥大症とEDは少し前まで関係ないものとして考えられてきましたが、最近になって前立腺肥大もEDの原因になりうると考えられるようになってきています。その理由としてEDの患者が前立腺肥大症の治療を受けると症状が改善されるケースが多くみられるようになったからです。

バイアグラ、レビトラ、シアリスはPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬に分類されます。有効成分はそれぞれバイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)です。前立腺肥大症による排尿障害の治療薬として販売されている「ザルティア」の有効成分もシアリスと同じくタダラフィルです。ザルティアは血流の改善作用から前立腺肥大症への効果が期待され開発されました。ザルティアには2.5mg錠と5mg錠の2種類が発売されています。前立腺肥大症による排尿障害の薬として成人は1日1回5mgまでの服用が認められています。このザルティアもPDE-5阻害薬に分類されています。

シアリスとザルティアは同じくタダラフィルを有効成分とする治療薬ですが、シアリスはEDの改善を目的として開発されているため5mg錠、10mg錠、20mg錠と3種類の規格があります。またザルティアは前立腺肥大症の治療薬として、シアリスはED治療薬としてそれぞれ適応が違います。前立腺肥大症治療薬であるザルティアは保険が適用されますがシアスはED治療薬であるため保険の適用外です。それぞれ適応する症状は違うものの血流を改善するという作用があります。

このように同成分を使用した薬剤でも症状によって処方されるお薬が異なります。またED治療薬のシアリス、前立腺肥大症の治療薬ザルティア以外にもそれぞれ様々な種類の治療薬があるため病院やクリニックで診察を受け自分の症状に合った薬剤を処方してもらうようにしましょう。

最近ではインターネットの普及に伴い医薬品の通販サイトや個人輸入代行サイト等が数多く存在します。これらのサイトでは非常に安価にED治療薬を入手出来てしまいますが、製薬会社数社の調査によるとネット上で販売されているED治療薬の内約6割以上が粗悪品や偽造品であるという調査結果が出ています。これらの薬を服用してしまうと重篤な副作用などが出る可能性もありますので必ずED治療薬は信頼できる病院やクリニックで処方を受けるようにしましょう。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト