コラム

コラム

2017.09.01

AGA治療とは 大阪ユナイテッドクリニック

髪の毛の悩みをネットで検索すると、多くのAGA治療専門クリニックや病院の口コミ、AGA治療日記、体験談、副作用についてなどが出てきます。またAGA治療ナビというサイトには全国のAGA治療を行っているクリニックや病院などを検索することができます。今回はAGA治療費用やAGA治療効果、保険適用の有無など併せて紹介させていただきます。

まず、「AGA(Androgenetic Alopecia)」とは「男性型脱毛症」のことで、男性に多く見られる脱毛症です。AGAは女性の方でも起こりますが、男性のように部分的に脱毛することはなく、全体的に薄くなっていきます。

AGAの原因

1,遺伝

AGAの原因で一番多いのが「遺伝」によるものと言われています。国際的な遺伝学の学術誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス誌」1997年7月号にて「母方の祖父が薄毛の場合、その遺伝を受け継ぐ可能性がある」とドイツのボン大学の研究者たちによって発表されました。親や親族が薄毛だから自分も薄くなってしまうとは限りませんが、遺伝的には安心できないかもしれません。

2,男性ホルモン

男性ホルモンも薄毛の原因の1つでもあります。男性ホルモン(テストステロン)の量によって薄毛になるのではなく、男性ホルモンが、脱毛作用のある男性ホルモン「DHT」(ジヒドロテストステロン)に変化してしまう事によって薄毛になってしまうのです。

3, 生活環境

生活環境によっては薄毛や抜け毛の大きな要因となってしまいます。特にストレスです。ストレスを溜めることにより、筋肉が収縮され毛細血管を圧迫します。そのせいで、毛根への栄養が不十分となり、毛髪が成長しなくなります。また、食生活にも注意しないといけません。不規則でバランスの悪い食生活を続けますと、栄養不足になり脱毛を招きます。脂質や糖分が多く味付けが濃いものばかり食べると、毛髪が育ちにくい頭皮環境となります。その他にも、アルコールやタバコもAGAの原因となってしまいますので、気を付けましょう。

AGA治療薬

・フィナステリド

フィナステリドはアメリカのメルク社が開発したAGA治療薬です。男性ホルモン(テストステロン)がDHT(ジヒドロテストステロン)に変化しないよう抑えてくれる作用があります。元々は前立腺肥大の治療薬として認可されていましたが、その後の研究により男性型脱毛症にも効果があることがわかり、1997年12月22日に男性型脱毛治療薬として認可されました。副作用として性欲減退や勃起障害、うつ、肝機能障害などがありますが、副作用の発生率はかなり低いとされています。

・デュタステリド

デュタステリドは男性ホルモン(テストステロン)からのDHT(ジヒドロテストステロン)生成を阻害する5a-還元酵素トリプル阻害薬です。フィナステリドよりも発毛効果が高いため人気の治療薬となっています。デュタステリドもフィナステリドと同じく前立腺肥大の治療薬として販売されましたが、後に男性型脱毛治療薬として認可されました。副作用はフィナステリドと同じですが、発生率がデュタステリドのほうが高いので注意が必要です。

・ミノキシジル

1960年にファイザー社が高血圧の経口薬として開発しましたが、後に脱毛症を回復させる効果が見つかり、1980年に「ロゲイン」として販売し始めました。日本では大塚製薬より「リアップ」として販売しています。ミノキシジルは飲むタイプの内服薬と塗るタイプの外用薬の2タイプがあり、内服薬のほうが全身に作用するので効果が高いといわれています。ミノキシジル内服薬の副作用は、髪以外の体毛も濃くなったり、上記にも書きましたがミノキシジルは元々高血圧のお薬ということもあり、低血圧の症状が出る場合がありますので、降圧剤を服用されてる方は注意が必要です。

・育毛メソセラピー

メソセラピーは、脂肪に薬剤を注入することで脂肪を溶かす治療法です。育毛メソセラピーは、フィナステリドやミノキシジルなどの発毛育毛効果のある薬剤を直接頭皮に注入することにより、発毛・育毛効果を最大限引き出すことが出来るといわれている治療方法です。メソセラピーだけでも効果がありますが、ミノキシジル外用薬などの育毛剤と併用することでさらに効果がアップします。

・植毛

「植毛」とは頭皮に直接毛髪を植え込む治療法で、自分の健康な髪を移植する「自毛植毛」と合成繊維などで作られた人口毛を植え込む「人口毛植毛」の2タイプがあります。「自毛植毛」は脱毛しにくい性質を持つ側頭部や後頭部を頭皮ごと摂取し、薄毛が気になる部分に移植していきます。自分の髪を利用するので色や髪質など自然な仕上がりになります。また、自毛植毛は保険適用外となり、本数にもよりますが、100万以上とされています。「人口毛植毛」は薄くなっている部分に、針で一本一本植えていく方法です。費用は20万前後と自毛植毛より手頃な料金ですが、植え付けた人口毛がすぐ抜けたり、細菌感染などの副作用があるため、AGA治療の第一選択としておすすめはできません。

・HARG療法

HARG(ハーグ)療法とは、成長因子を含む有効成分を、頭皮に直接注射することにより発毛機能を蘇らせる治療法です。薬剤を注入した頭皮は活性化され発毛していきます。また、HARG療法は副作用がなく安全とされていますが、1回あたりが約120万と高額なため、AGA治療の選択肢から外す方が多いようです。

AGAは早期発見&早期治療が肝心です。ユナイテッドクリニックはAGA治療に力を入れており。無料相談も行っておりますので、気になることがあればお気軽にご相談ください。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト