コラム

コラム

2017.09.01

プロペシアジェネリック処方 大阪ユナイテッドクリニック

今回はプロペシアジェネリックの処方に関して説明いたします。プロペシアは成分名をフィナステリドと言い、また現在では多くのジェネリック(後発)医薬品も販売されています。このプロペシアジェネリックは成分名の名を使いフィナステリドと呼びます。このプロペシアジェネリックは世界的製薬メーカーのファイザーや漢方薬の処方にも定評のあるクラシエなどからも販売されています。

プロペシアジェネリックとは

AGA治療いわゆる男性型脱毛症の治療に於いてプロペシアは最も多くの功績を残した薬剤と言えます。プロペシアはアメリカのメルク・アンド・カンパニーが開発した薬剤です。メルク・アンド・カンパニーは日本ではMSD株式会社という名前で多くの薬剤を製造販売しています。日本で処方されるプロペシアは現在ではすべてMSD株式会社の製剤です。プロペシアは1997年にアメリカでAGA治療薬として認可が下り、その後2005年に日本でも厚生労働省からAGA治療薬としての認可が下りています。

ジェネリック医薬品は先発薬の独占販売の期間が終了した後に先発薬と「同じ有効成分・効果」であることを確認されていることが認可の絶対条件であり同じ安全性であることや効果がムラなく発揮されることなど、多くの確認事項と審査基準を経てジェネリック医薬品として発売されます。ジェネリック=偽物ではなく、ジェネリックも正規薬となります。プロペシアとジェネリックであるフィナステリドで効果・効能には一切の差はなく同じ薬剤と言えます。ジェネリック医薬品が価格を抑えられているのは先発薬の時のように莫大な開発費が必要ではないことからであり、決して粗悪品ではないので安心して服用することができます。また、医療費負担の軽減に繋がることから国もジェネリック医薬品への切り替えを推奨しています。AGA治療は継続治療が原則のため経済的にもジェネリック医薬品を選択する方が賢明かもしれません。

プロペシアジェネリックの効き目

プロペシアジェネリックの効果はプロペシアと同様になります。これは前述の通り有効成分が同じのためです。

プロペシアジェネリックは5α還元酵素阻害剤に分類され、有効成分であるフィナステリドが5α還元酵素によって男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されてしまうのを防ぎます。このジヒドロテストステロンは男性器などの成長に関する男性ホルモンではありますが、頭皮の成長期を極端に短くし髪の毛を抜けやすくする効果があります。このヘアサイクルを正常化させることで細い状態で抜けることの多かった髪を守ります。

プロペシアジェネリックの主成分であるフィナステリドは日本皮膚科学会が制定したAGA治療ガイドラインに於いて、Aランクに指定されています。Aランクは最高ランクでありAGA治療にて「強く行うように勧められる」とあり日本のAGA治療において最も推奨される薬剤です。

プロペシアジェネリックの服用方法

1日1錠をお水でお飲みください。食事の影響を受けることはありませんので、食前でも食後でも問題はありませんが、晩酌やお酒を仕事終わりにお飲みになる方は朝に服用することをお勧めします。薬剤を代謝する際に肝臓を使用するのでアルコールの分解と時間がぶつかってしまわないための配慮です。洗面台の近くに置くなどして毎朝の習慣にすると忘れずに服用できます。また、1日分を飲み忘れても翌日に2日分飲まないようにしてください。薬剤量を増やしても効果を得られる量に限界があるので、2日分の効果は得られません。

プロペシアジェネリックの副作用

プロペシアジェネリックの副作用の中で重篤な症状のものは確認されていません。また、副作用の発症頻度も低く安全な薬剤でもあります。プロペシアジェネリックの副作用の発症率は約4%で、勃起不全(ED)や性欲減退などの症状が挙げられます。、勃起不全(ED)や性欲減退の症状が現れた場合はバイアグラなどの勃起不全(ED)治療薬での治療が可能です。しかし、プロペシアジェネリックの服用の後に急激な体調変化が起こった場合は必ず、医師に相談をするようにしてください。

プロペシアジェネリックの種類

プロペシアは特許期限が終了しているので国内の製薬メーカーからもジェネリック医薬品が製造販売されています。

  • フィナステリド1mg錠「ファイザー」(ファイザー)
  • フィナステリド1mg錠「トーワ」(東和薬品)
  • フィナステリド1mg錠「サワイ」(澤井製薬)
  • フィナステリド1mg錠「クラシエ」(クラシエ)

ファイザー社は世界で最初のED治療薬であるバイアグラを開発した国際的な製薬メーカーで抗生物質や抗炎症剤など幅広い病気や怪我の治療薬を開発している有名な企業です。東和薬品からもプロペシアジェネリックが販売されています。東和薬品はジェネリック医薬品の開発の他にも一般普及にも力を入れている企業で、錠剤の小型化や口腔崩壊(OD)錠の開発など「飲みやすい」製品の開発にも力を入れています。風邪薬で有名な葛根湯を主力商品として持つクラシエも同様にフィナステリド1mg錠「クラシエ」を販売しています。クラシエは医薬品のほかにお菓子や食品、シャンプーや石鹸などの生活用品などを取り揃えている我々の生活にとって身近な企業です。

プロペシアジェネリックの購入についての注意事項

プロペシアは特許期限が終了しているので、ジェネリック医薬品を選択することで安価に手に入れることが出来ます。しかし、安全性を第一に考えて必ず医療機関で医師の診察の後に処方を受けるようにしてください。プロペシアをはじめ、AGAの治療薬をインターネットで検索すると薬剤の評価と共に海外の薬剤の個人輸入代行サービスが紹介されます。この個人輸入によって日本に持ち込まれる薬剤のうち約60%が粗悪品(偽物)だという調査結果があります。輸入雑貨などと違い薬剤は服用し体内に取り込むものなので、思いもよらない健康被害が起こる可能性が十分考えられます。また、個人輸入によって引き起こされた健康被害は薬害補償の対象にならない可能性もあります。偽の薬剤で脱毛が加速することも考えられるので、必ず専門の医療機関での診察を受ける様にお願いします。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト