コラム

コラム

2017.09.01

フィナステリドの効果と副作用について 大阪ユナイテッドクリニック

現在AGA(男性型脱毛症)治療において最も一般的な治療薬がフィナステリドを主成分としたプロペシアです。プロペシアとはアメリカのメルク&カンパニー社が開発し、現在では65ヵ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する内服によるAGA治療薬です。日本ではMSD社が2001年にプロペシアの臨床試験を行い2003年に厚生労働省への承認申請をし2005年に製造販売承認を取得しその後日本国内で販売が開始されました。プロペシアの主成分フィナステリドを服用し始めてすぐ効果を実感することは難しく独断で効果なしと判定し、中断してしまう方が多く見受けられます。効果期間はおよそ半年から1年間なので早い段階で効かないと判断せず継続し効果を実感しましょう。生え際にはプロペシアは効かないとネット内や口コミで目にしたことのある方はいると思いますがプロペシアは生え際にも頭頂部にも効果はあります。今回はフィナステリドの効果と副作用についてお話します。

フィナステリドとは

AGA治療薬のプロペシアはフィナステリドが成分名でプロペシアは薬剤名となります。フィナステリドはもともと前立腺肥大症治療薬として使用されていましたがAGA治療にも効果があることが分かり、研究した結果プロペシアとして生まれました。そのためアメリカのFDA(米国食品医薬品局)では前立腺肥大症治療薬とAGA治療薬の2つの認可を取っています。前立腺肥大症の治療としてはフィナステリドの含有量は5mgとなりAGA治療としては1mgが適応となります。プロペシアは5α還元酵素阻害剤に分類されており5α還元酵素(5αリダクターゼ)の働きを阻害する薬剤です。生え際の後退や頭頂部の薄毛を引き起こす原因となるのが男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる活性型の悪性の男性ホルモンです。DHTはもともと私達の体内にある物質ではなく男性ホルモン「テストステロン」と血中にある酵素「5αリダクターゼⅡ型」が結合し産出されます。悪性の男性ホルモンDHTが産出される前にフィナステリド成分の効果によってテストステロンと5αリダクターゼⅡ型の結合を阻止し抜け毛を抑えます。このフィナステリド成分の効果は国内でも評価されており、今ではAGA治療の基本の1つとなっています。AGA治療において、日本皮膚科学会よりAGAの治療法のガイドラインが制定されています。その中で最高ランクである「強く行うよう勧められる」Aランクにランク付けされているのがこのフィナステリドです。また、大正製薬から販売されている外用薬のリアップに含まれているミノキシジル成分も同じくAランクに制定されておりフィナステリドとの併用が推奨されています。フィナステリドよりも効果をしっかりと実感したいと思う方にはデュタステリドを主成分としたザガーロがお勧めです。デュタステリドには5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の両方に作用するためフィナステリドよりも1.6倍効果が高いことがわかっています。

フィナステリドの副作用

プロペシアの主成分フィナステリドには重篤な副作用は確認されておらず、稀に性欲の減退や勃起不全が臨床試験によって確認されたというデータもあります。性欲の減退等は臨床試験の276件中14件と低くフィナステリドを主成分とするAGA治療薬は比較的安全な薬剤だと言えます。しかし女性や幼児の服用は控えましょう。特に妊婦の方には摂取、またフィナステリドが経皮吸収される可能性があるため直接触れることも避けてください。妊娠中の女性がフィナステリドを摂取した場合、男性胎児の生殖機能に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるため、フィナステリドが含まれているプロペシアを使用する場合は保管場所などにも気を付けましょう。また、1度に2錠の服用など用法・用量を守らず服用した場合通常の軽度な副作用が体調や健康状態を悪化させることもわかっています。用法を守らず服用することによって性欲の減退や勃起不全だけでなく精子の減少や肝機能障害など様々な要因が産出されてしまいます。フィナステリドを主成分としたプロペシアの服用方法は1日に1錠でアルコールと一緒に服用はしないでください。併用禁忌の薬剤はありません。体調が悪い時や風邪の症状が見えるときに服用することで普段は出ない疾患が症状として現れる可能性があるので様子を見ながら服用しましょう。

フィナステリドに関する注意事項

フィナステリドを主成分とするプロペシアは現在特許が切れ、他の製薬会社からも同成分・効果のプロペシアジェネリックが製造・販売されています。ジェネリックとは後発薬品とも呼ばれ国が設けた厳しい審査基準を満たさなければ製造・販売をすることができません。しかしネット通販や個人輸入で購入するプロペシアジェネリックには偽造品が紛れていることがわかっており調査をした結果およそ50%以上が偽物という結果がでました。フィナステリドを1mg含有したプロペシアのジェネリック薬品を購入される際は必ず専門のクリニックや病院で医師の診察・診断を受け処方されたプロペシアジェネリックを購入しましょう。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト