コラム

コラム

2017.09.01

シルデナフィルVI50㎎「FCI」 大阪ユナイテッドクリニック

今回は国内産バイアグラジェネリックで人気のあるシルデナフィルVI50㎎「FCI」をご紹介します。もしかしたら「シルデナ50」の通称で聞いた事があるかもしれませんね。

シルデナフィルVI50㎎「FCI」とは

ED治療薬として富士化学工場から25㎎と50㎎が発売されているバイアグラのジェネリック医薬品です。世界初のED治療薬を発売したファイザー社のバイアグラと同じシルデナフィルを主成分とします。VI(ブイアイ)とは、バイアグラ(VIAGRA)の頭文字、「FCI」は富士化学工場(Fuji Chemical Industries)の略になります。一般名にメーカー名の略が入ったり錠剤に「FCI」と刻印があったりと服用される方が覚えやすいよう作られています。

富士化学工場のシルデナフィルVI50㎎「FCI」は色や形がファイザー社のバイアグラと酷似しているので以前からバイアグラを使用している方には安心感を与える印象の錠剤となっています。ジェネリック医薬品には色や形に規定がない事から出来る手法ですね。なので、新薬のバイアグラとほぼ見た目が同じで価格が安いと人気があります。

シルデナフィルVI50㎎「FCI」の特徴

初めにバイアグラを選ばれたEDの方々は他の治療薬レビトラやシアリスに変えることが少なく、ずっとバイアグラを継続して服用される事が多いようです。シルデナフィルVI50㎎「FCI」はバイアグラと同様の添加物・形状・色とこだわり抜かれています。そのため、形状や色の違いによる「効かないんじゃないか」という先入観がなく安心して飲めるのも魅力のひとつのようです。EDは肉体的要因もありますが心因的要因(精神的)な面も大きく、疑問をもったまま飲むと効果にブレが出る可能性があります。そうなると「効きが弱い」「効果がない」等の結果を招いてしまいがちです。そこで、シルデナフィルVI50㎎「FCI」は上記のような不安要素をなくし、バイアグラジェネリックに不信感を持たずに変更できるようにすることを目的に作られています。不信感をなくすことが出来ればバイアグラが安くなった印象しかありません。人間の思い込みによる身体への影響は強くすぐに現れます。「緊張からの腹痛」等が例に上がりますが、それがプラスに働き「不信感・疑問」を少しでも取り除ければ得られる効果は大きくなります。

シルデナフィルVI50㎎「FCI」の服用方法

用法・用量として1日1回・1錠を性行為の1時間前に服用してください。3~6時間の効果を発揮します。次の服用まで24時間以上あけてください。自己判断で2回分を一度に飲んだり時間をあけずに服用すると重度の副作用がでる可能性があります。診断時の説明をきちんと理解し服用するようにしましょう。高齢の方や腎臓・肝臓に障害をお持ちの方は25㎎からの服用になります。当然、事前に診断を受けることが前提です。治療中の病気があれば医師に相談してください。必ず診断時に指示された服用方法は守ってください。食事・アルコールと一緒に服用すると効果を発揮できない可能性があります。確実に成分を吸収させるため服用は食前(空腹時)を推奨しています。シルデナフィルの成分が含まれる薬は食事の影響を受けやすくなっていますので服用後の食事も控え目にしてください。

シルデナフィルVI50㎎「FCI」の効果

バイアグラとほぼ変わらず陰茎の勃起を促す作用があり、性行為を行う際の勃起困難や硬化不足を解消する効果があります。持続時間も3~6時間ありますので急ぐ必要もありません。ただ、飲んだから強制的に作用するというものではないので、通常通りに性的欲求が沸き物理的な刺激があってから効果が発揮されます。時々、間違った情報を信じてしまっている方がいますので診察時の説明はよく聞きましょう。用法・用量を守り服用すれば十分な効果が得られスムーズに性行為が行えます。

シルデナフィルVI50㎎「FCI」の副作用

動悸・頭痛・ほてり・消化不良などがありますが時間がたてば自然と治まっていきます。個人差があるため頭痛がひどい場合などは鎮痛剤を処方してもらってください。シルデナフィル自体が狭心症に作用する効果があるため、心血管系障害や重度の肝障害で治療中の方・硝酸薬や抗不整脈薬を服用している方は使用できません。また、硝酸薬や抗不整脈薬は飲み薬に限らず 貼り薬・注射・吸入剤に含まれるものもありますので自身の薬を今一度確認し、医師に相談してください。以前に別のシルデナフィルの成分を含む薬でアレルギーを起こした事ことがある方も同様です。服用方法を誤ると通常の副作用と異なり取り返しのつかない状態になりかねないので自己判断での服用はしないでください。

また、併用禁忌ではなくとも他に薬などを使っている方もクリニックで相談し注意してください。一般用医薬品や食品(サプリメント)によっては作用を増加させたり減少させたりする可能性もあります。普段から柑橘系の果物を食べる習慣がある方は注意してください。特にグレープフルーツですが相互作用により血中濃度が高まり成分の吸収を早めてしまい、効果と副作用が強まる可能性があるので服用時は食べないようにしてください。

性行為自体が体や心臓に負担をかける行為の一つです

ユナイテッドクリニックではED(勃起不全)・PE(早漏症)の治療薬を専門にしていることからEDも根治治療も熟知しています。そのため、治療薬や医療用栄養剤を飲む傍ら、そのための運動・ストレッチ・普段の生活から改善するアドバイスもしています。些細なことでも結構ですので一度ご相談ください。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト