コラム

コラム

2017.09.01

アボルブの効果と副作用について 大阪ユナイテッドクリニック

ユナイテッドクリニックは男性特有の体の悩みを解消する為に、専門の医師のもと様々な薬剤を処方しています。男性特有の悩みというとED(勃起不全)を想像される方が多いかと思いますが、薄毛治療や最近TVCMなどで見かけることの多くなったAGA(男性型脱毛症)に対してもしっかりと対応させて頂いております。AGAは様々な要因があり治療薬も様々存在します。今回はAGA治療薬のアボルブについて治療効果などを詳しく紹介します。アボルブカプセルの発毛作用や子作りへの影響、また添付文書に記載されている前立腺肥大症と書かれている理由など併せてお話しさせていただきます。

AGAとは

まずはAGAについて説明いたします。AGAは英語でAndrogenetic Alopeciaの略となる、日本語では男性型脱毛症と呼ばれます。特徴は生え際や頭頂部の髪の毛が徐々に薄くなっていく思春期以降の男性が掛かる脱毛症の一種で、日本人男性で薄毛に悩んでいる方の3人に1人はこのAGAだと言われています。薄毛は大変デリケートでなかなか相談しにくい問題ですが、AGAは一度発病してから何も対策や治療をせずに放置するとどんどん進行していきます。その為早め早めに治療を行うことが大切なので、少しでも気になる事があったら是非AGA専門知識のある医師に相談する事が望ましいです。

AGAの原因

AGAには様々な原因があるとされます。例えば食事や生活習慣が乱れたことによって身体の新陳代謝が低下すことで、健康な毛髪の発毛・育毛を損なってしまいます。また、仕事や生活で強いストレスを感じることで自律神経のバランスが崩れてしまい、血管が縮小し血流が悪化することで頭皮にある毛髪を作る毛乳頭までに栄養素や酵素を行き届かなくなり健康な毛髪が作れない場合もあります。
様々に考えられている原因の中で特にAGAを引き起こす要因となっていると考えられているのが、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)の影響です。

DHTとは

男性ホルモンは骨や筋肉の強化や維持、ヒゲや体毛の成長を促したり、やる気を出させたりと男性たりうる特徴に身体を変化させてくる男性には重要のホルモンです。男性ホルモンの中でもテストステロンはとても有名で、テストステロンの働きは脳の認知機能にも関与していて、決断力や判断力など仕事にも影響を与えており、分泌量が多いほど男性として魅力に溢れていると言われます。

DHTも男性ホルモンの一種で、5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結びついた時に生成されます。生成されたDHTは髪の毛の元となる毛母細胞の働きを低下させる作用があります。髪の毛は通常毛母細胞が分裂し太く長く育成される「成長期」、その後髪の毛の成長が止まる「退行期」「休止期」を迎え、新たな髪の毛に生え変わる「替毛期」を繰り返すヘアサイクルを大体2~5年で行っています。DHTは毛母細胞の働きに作用し、髪の毛の成長に必要な「成長期」を短くさせ、生え帰る前の次の髪の毛が生成される前に脱毛させてしまう事で頭皮が露出し薄毛になったと感じる為に、AGAの原因としてDHTが非常に深く関わっていると考えられます。

AGA治療とアボルブの効果

AGAの主な要因がDHTと考えられるので、AGA治療にはまずDHTの濃度を減らすことが重要となります。DHTが生成されるためにはテストステロンと5αリダクターゼが結びつくことが必要となるので、両方もしくはどちらかの量を減らす必要があります。テストステロンは男性ホルモンの中でも最も重要で必要不可欠なので、量を減らすことは得策とは言えません。またテストステロンの量が減るとDHTの量が増えるという研究結果も出ているので、テストステロンの量は減らすことはできません。

DHTの増加を防ぐ為にテストステロンの量は減らせないのならば、5αリダクターゼの働きを阻害する治療法が必要になります。ここで必要になるのがアボルブの有効成分デュタステリドになります。デュタステリドは5αリダクターゼの働きを阻害しDHTの生成を抑制することで、AGAの治療薬として処方されています。AGA治療薬には他にも有名なプロペシア(フィナステリド)がありますが、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在しフィナステリドはでⅡ型のみしか阻害できません。アボルブの有効成分デュタステリドはⅠ型Ⅱ型の両方を阻害できるために、プロペシアよりもAGA治療効果が高いとされています。

アボルブとは

アボルブは元々前立腺肥大症治療薬として開発されていた為に添付文書を読んでみてもAGA治療薬とは記載されていませんが、有効成分のデュタステリドに高いAGA治療効果が現れたためAGA治療薬として専門クリニックでは処方される場合が増えています。AGA治療の目的でアボルブを服用される場合、デュタステリド含有量0.5mgのアボルブカプセル0.5mgを1日1錠服用することで発毛効果が期待できるとされています。

アボルブの副作用と注意点

アボルブの副作用

アブルブは頻度は少ないながらもいくつかの副作用が報告されています。ただし、現れた副作用も重症化することはあまり無いので過度の心配する必要はありません。

アボルブはDHTを生成するのを抑える効果がありますがDHTも男性ホルモンの一種である為、性欲が減退することがあり、ED(勃起不全)になる場合があります。ただしこの場合には精神的側面に左右されやすいとされているので、あまり深刻に構えすぎると逆効果になってしまいます。もしED症状が深刻だと考えられる場合はED治療薬を併用しても問題ありません。

またアボルブを服用し始めた当初に逆に抜け毛が増える場合があります。これは初期脱毛と呼ばれる現象で、治療薬によって正常に成長していなかった髪の毛が抜け落ち、新たな健康な髪の毛に生まれ変わる為に起きています。急に脱毛が増えたからとアボルブの服用を中止するのではなく、経過観察をする必要があります。ただ、初期脱毛は全員に症状が出るわけではなく、初期脱毛が出た場合も1ヵ月~2カ月程で終息する場合が殆どですので安心してください。

アボルブの注意点

アボルブの有効成分デュタステリドが女性の体内に吸収されると、妊娠中の男児の生殖器が発達異常を起こす可能性が高いとされている為に、子作り中の夫婦の場合は服用を避ける方が良いでしょう。またデュタステリドは皮膚からも吸収されるので、薬剤を触れただけでも影響を与えてしまう場合もあるため、女性は薬剤の取り扱いには十分注意しましょう。

ユナイテッドクリニックではAGA治療も行っていますのでAGAでお悩みのかたは是非一度当院にご来院下さい。診察料などは頂いておりませんので、相談のみでも構いません。私たちと共に悩みを解決していきましょう。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト