コラム

コラム

2017.09.01

ロゲインとリアップ 大阪ユナイテッドクリニック

「ロゲイン」とは1980年にアップジョン社(現在のファイザー社)から販売が開始された、世界で初めてのミノキシジルを有効成分としたAGA(男性型脱毛症)治療薬であり、ジェネリック医薬品として「カークランド」という薬剤も販売されています。日本で育毛剤として知名度が高く通販でも人気の「リアップ」シリーズ(「リアッププラス」や「リアップX5」など)はロゲインの日本国内版であり、販売元である大正製薬が国内での販売権利を購入しています。ロゲインとリアップは製品名こそ異なりますが、効果や使用方法に大きな違いはありません。今回はこれらのAGA治療薬について詳しくお話ししていきます。

ミノキシジルとは

ロゲインとリアップに含まれる成分であり、日本皮膚科学会が定めたAGA治療のガイドラインにおいて「Aランク」(行うよう強く勧められる)を獲得するなど、現在ではAGA治療には欠かせない存在です。元々は降圧剤として製造・販売されていましたが、服用者に薄毛の改善効果が認められたことからAGA治療薬としての活躍が期待され、研究・開発が進められました。作用機序としては、ミノキシジルの持つ血流改善効果が頭皮にも働き、毛包や毛母細胞といった部分を活性化することで発毛を促すというものになります。

ミノキシジルを服用するには外用と内服の2つの方法があり、今回お話しするロゲインやリアップなど、頭皮の気になる部分に直接塗布するタイプは外用ということになります。対して内服はミノキシジルタブレット(ミノタブ)と呼ばれる経口の錠剤タイプで、2.5mg錠・5mg錠、10mg錠と複数の用量があり、効果の出方に応じて使い分けることができます。両者を比較した場合、やはり身体の内部から直接患部に成分が届く内服タイプの方が高い効果が発揮されるとされています。しかし、既に説明した通り、ミノキシジルは元々血圧を下げるための薬剤であるため、一気に高用量を服用したりすると危険な症状を招きかねませんのでご注意ください。服用の際には専門のクリニック等で、医師の診断を受けて処方してもらうことを強くお勧め致します。

ロゲインとは

ミノキシジルを含むAGA治療薬の元祖であり、FDA(米国食品医薬品局)からも正式な認可を受けています。米国だけでなくヨーロッパ各国やニュージランドなど世界各国で販売されていることからも、その有効性・安全性は明らかです。ちなみにヨーロッパでは「リゲイン」、ニュージーランドでは「ヘッドウェイ」という名で販売されています。ローションタイプとフォームタイプの2種類があり、どちらも気になる部分に直接塗布するのが基本的な使い方です。現在はミノキシジル含有量が5%のものと2%のものが流通していますが、通常用量は5%含有の方であり、2%含有は通常用量で服用するとムダ毛などの症状が表れる女性向けの低用量タイプとなっています。

日本では未承認ですので購入には医療機関での処方や個人輸入の代行業者を利用することになりますが、その際の価格は国内でリアップを購入するより大幅に安価になる事がほとんどで、半額以下になることも珍しくありません。効果を実感できるまでに長い時間を要しランニングコストがかかりがちなAGA治療において、この低価格は大きな強みと言えますが、個人輸入では偽造品混入の可能性など安全性の面で問題点が指摘されており、厚労省による注意喚起もなされています。万一偽造品を服用してしまった場合、重篤な副作用を発症し健康被害を被ってしまう恐れもありますので、安さにつられて安易な手段を利用するのではなく、正規の流通経路を有し薬剤の安全性が保証されている医療機関を受診した上で処方を受けるようにして下さい。

リアップとは

1999年より大正製薬から販売されている日本国内では唯一のミノキシジル製剤です。安全性を重要視したためか、販売当初はミノキシジル含有量が1%と極めて低用量でしたが、後に含有量を5%に引き上げた「リアップX5」が販売されました。また、2005年には女性を対象とした「リアップレディ」もリリースされ、こちらもロゲインと同様にミノキシジル含有量1%と低用量タイプになっています。こういった後続品の登場によって、日本国内でもお手軽にロゲインと同等の効果を得られるAGA治療薬が出揃うことになりました。

リアップとロゲインは成分的には同じ薬剤なのですが、日本国内で承認されているのはリアップのみです。そのため入手の容易さはロゲインの比ではなく、全国の薬局はもちろん、通販でも簡単に購入する事ができます。しかし、リアップの使用にあたっては価格面が大きなネックになります。製品ごとに若干の違いはありますが、通常用量であるミノキシジル含有量が5%のタイプで¥7,000~8,000前後が相場のようです。コストを抑えるか、あるいは入手の手間を抑えるかという点は、人によって意見が分かれるところではないでしょうか。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト