コラム

コラム

2017.09.01

レビトラと糖尿病 大阪ユナイテッドクリニック

男性専用クリニックであるユナイテッドクリニックでは、男性特有の悩みの治療薬を様々取り揃えております。ED(勃起不全)にはバイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)や早漏治療にはプリリジー(ダポキセチン)、AGA治療にはプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)、ミノキシジルタブレットなど症状に合った治療薬を地域内最安値で処方できる様にさせていただいております。

今回は生活習慣病の一種である糖尿病が原因でEDになる場合や、レビトラなどのED治療薬の効果を説明いたします。

糖尿病とは

血液は様々な栄養素を体の隅々まで血管を通って運んでいます。その中の栄養素の1つにブドウ糖(血糖)があります。筋肉などの細胞に取り込まれた血糖は、からだを活動させるためのエネルギー源になる大変重要な栄養素です。元々血糖は血液中を流れていて膵臓から出ているホルモンのインスリンによって一定の範囲内数値をを保っているのですが、何かしらの理由でインスリンが十分に働かなくなり血液中の血糖が範囲を超えて増加してしまう病気です。

糖尿病の初期症状としては、血糖値が高くなると脳が脱水症状と判断し水分補給をして血糖値を下げようとするため、激しいのどの渇きを感じます。また水分を大量に摂取するためにトイレが近いなども引き起こします。

血糖とインスリンが結合することで活動エネルギー源となるために、インスリンが不足することでエネルギー不足となるために疲れやすくなります。また血糖をエネルギ―に変換出来ないために、体内のタンパク質や脂肪をエネルギーに変換する為に体重が減少していきます。

更に糖尿病が進行すると様々な合併症が起こる可能性が高まります。糖尿病によって網膜症や腎臓の働きが悪くなったり、神経が障害され、うまく信号が体の隅々まで伝達しなくなる神経障害、脳の血管が詰まる脳卒中や心筋梗塞、末梢動脈性疾患など様々な血管に関わる合併症が起きやすくなります。

糖尿病でED

糖尿病はEDとの関連性が高い病気の1つとされています。多数の論文によれは糖尿病患者のおよそ3分の2はEDの自覚症状があるとされているぐらい、糖尿病とEDはとても関連が深いのです。

通常な勃起には性的興奮が脳から陰茎内の海綿体に信号が送られ、海綿体内の血管が拡張されることで海綿体に血液が流れ込むことで、陰茎が固くなる状態を表しています。ED患者の場合はこの流れのどこかに問題を抱えている為に勃起に至りません。

糖尿病とEDの関連で疑われる最も大きなものは動脈硬化です。動脈硬化は文字どおりに動脈がかたくなる事で、かたくなった動脈はしなやかさが失われ血液を送り出すのが難しくなります。また、動脈がかたくなると血管の内側にコブができることで血管が狭くなったり、血管が詰まったり、コブがはがれ血液中を漂い細い血管を詰まらせたりします。
勃起するには血液が陰茎海綿体に流れ込む必要があります。そのため血管が詰まりやすい状態の動脈硬化を起こしている場合には、勃起に必要な血液が流れ込まない可能性が高くなりEDになる可能性が高まります。動脈硬化の影響は細い血管程影響を受けやすく勃起に関連する毛細血管は影響を受けやすいために、糖尿病患者はEDになりやすいとされています。

また糖尿病による高血糖状態が続くことで神経繊維に異常が生じ感覚が鈍くなったり、麻痺が起きる糖尿病神経障害と呼ばれる症状が出ます。脳で感じた性的刺激や興奮は神経回路を通って陰茎に伝わるために神経回路に障害が生じると勃起に至らずにEDになる場合があります。

糖尿病とレビトラ

糖尿病が原因のEDの方はまず糖尿病治療をすることが重要です。糖尿病はⅠ型とⅡ型に分類され、Ⅰ型は膵臓からインスリンがほとんど作ることが出来ずに起こり、Ⅱ型は膵臓からインスリンを作り出せていているけれども量が十分でなかったり作られたインスリンが十分作用しないことで起こります。Ⅰ型の場合は発病すると完治はしないものの、インスリン注射で血糖値を正常値にコントロールする治療をする事が可能となります。Ⅱ型の場合は治療薬の服用や注射などの医療行為と合わせて生活習慣を改善することで血糖値をコントロールする治療が必要です。日本人の糖尿病患者の約95%がこのⅡ型糖尿病だとされています。

糖尿病治療は一度発病すると治療を始めても効果がなかなか得られません。その為ED症状が緩和されるようになるにも長い期間を要し、改善されるまでの間性行為が出来ない又は避けてしまう患者さんもいます。しかしED治療薬は即効性がありすぐに効果を実感していただけるため、糖尿病治療中の方もED治療薬を服用する方が多いです。

レビトラ等のED治療薬は服用することで興奮したり精力が増して勃起させるような効果ではなく、海綿体への血流の流れを増大させることで勃起を促す薬剤です。その為糖尿病で詰まってしまった海綿体内の血管を拡張させることで勃起を促します。その為、性的刺激や興奮が無い状態でレビトラを服用しただけで勃起になる訳ではないので注意が必要です。

一般的な糖尿病治療薬とレビトラなどのED治療薬は併用する事が可能です。ただし、糖尿病が重症化すると脳梗塞や心筋梗塞などの合併症を引き起こします。その治療のために硝酸剤やニトログリセリンなどが使われる事がありますが、これらはED治療薬と併用することが出来ません。硝酸剤は内服薬以外でも張り薬や吸入薬、注射やスプレーなど様々な種類の使用方法があるので、知識の無い方が安易に判断し服用すると重大な健康被害を及ぼす可能性があります。レビトラに関わらずED治療薬には様々な併用禁忌薬が存在するため、必ず専門の医師に相談した後に処方された薬剤の用量と用法を守ることが、安全に薬剤を服用する基本となります。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト