コラム

コラム

2017.09.01

スーグラでダイエット 大阪ユナイテッドクリニック

ED(勃起不全)、PE(早漏)、AGA(男性型脱毛症)を専門とするユナイテッドクリニックではED治療薬であるバイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)、早漏治療薬であるダポキセチン、リドスプレー、AGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ・アボルブ(デュタステリド)など様々な薬を取り扱っております。他にもメタボ・メンズダイエットに有効なゼニカル(オルリスタット、オーリスタット)、スーグラ(イプラグリフロジン)、サノレックス(マジンドール)も取り扱っています。

今回は糖尿病薬でSGLT2阻害薬に分類されるスーグラを使ったダイエットについてご説明します。

スーグラとは

スーグラとはアステラス製薬と寿製薬株式会社の共同で開発されたSGLT2阻害薬と呼ばれる糖尿病の薬で、日本で最初にSGLT2阻害薬として承認された2型糖尿病治療薬です。2014年4月に販売が開始され、販売当初は14日間という処方制限がありました。しかし2015年5月に安全性が認められ処方制限が解除され、長期処方が可能になりました。スーグラの後に承認された同様の作用のお薬で”フォシーガ”、”カナグル”、”アプルウェイ”、”デベルザ”、”ルセフィ”、”ジャディアンス”がありますが、薬価、体重減少に対する効果はどれも同じになっています。

SGLTとはブドウ糖を細胞内へ輸送する働きのある細胞表面上の膜たんぱく質の事です。SGLT2とは腎臓近位尿細萱でブドウ糖を再取り込みする役割を持つSGLTの種類のひとつとなります。

スーグラは血液内に含まれる余剰な糖を尿中に集め、尿と一緒に排出させることで血糖値を下げるという作用を持つ糖尿病薬で、低血糖のリスクを抑え、体重減少の効果も期待できます。

スーグラでダイエット

スーグラ錠には血糖値を正常にする際の副次作用として体重減少の効果があると言われています。

スーグラは余剰な糖分を尿と一緒に体外へ排泄する作用があることから販売開始前から糖尿病治療効果だけでなく、ダイエット効果にも注目されていました。スーグラ錠を1日1回100mg服用すると健康体の成人の方で、約55~60gのブドウ糖を尿と一緒に排泄していると言われています。ブドウ糖は1gで約4kcalなので1日で約240kcalを排泄できることになります。

実際に日本国内でも使われている糖尿病薬(DPP4阻害薬)とスーグラを用いた臨床試験では服用を開始してから24週間で「血糖値平均はほぼ同等の数値、しかし体重はスーグラを服用した方々の方が2kg以上も減少していた」という結果があります。他の臨床試験結果でも、糖尿病患者、もともと肥満の方は5kg(効果の大きい方だと10kg以上という報告もある)ほど、そうでない方でも2~3kgの体重減少効果が見られたとあります。

スーグラ錠は糖尿病治療薬なので、ダイエット目的で使用する場合は保険の適用外になります。しかし上記の臨床試験の結果からみてもわかるように、高い体重減少効果もありますのでそういった目的で服用することも効果的です。

スーグラの服用方法

スーグラは通常、成人のかたで1日1回50mgの物を服用します(朝食前または後のいずれか)。しかし継続した結果効果が不十分に感じられた際は、経過を観察しつつ1回100mgまで増量することもあります。

また、体重減少を目的とした服用の場合、約24週間の継続服用で効果が横ばいになるといわれていますので24週程で服用を停止することが適切であると考えられます。

スーグラを服用になる際の注意点

スーグラを服用される際はいくつか注意点があります。

・激しい運動、アルコール摂取時には服用しない

スーグラは糖分を尿で出すお薬なので激しい運動後やアルコール摂取時に服用されると低血糖の症状が現れることがありますので、そういった際は服用を控えてください。

・利尿作用による脱水症状

スーグラには利尿作用があります。脱水症状を引き起こすことのないようにこまめに水分補給を心掛けてください。

また、スーグラを服用できないケースもあります

・尿検査、血液検査でケトンの異常が見られた経験のある方

・手術の予定のある方、または手術後の方、外傷ある方、妊娠中、搾乳中の方

・脳下垂体異常、感染症、腎機能障害、副腎疾患、重度の肝機能障害のいずれかに当てはまる方

・過去に重篤な高血糖、低血糖症により意識を失った経験のある方

・以前スーグラを薬を使用して、かゆみやアレルギー症状が出たことのある方

・他に常用しているお薬のある方(全ての薬が同時に服用できないというわけではありませんが、互いの薬の作用を強めたり弱めたりする可能性がありますので必ず専門の医師、薬剤師に申し出てください)

これらのいずれかに当てはまる方はスーグラを服用することが出来ません。心配のある方は服用前に専門の医師にご相談されることをお奨めします。

スーグラの副作用

スーグラの主な副作用としては、口渇、便秘、頻尿、皮疹そして今回ご紹介した体重減少などになります。

低血糖、腎盂腎炎、ケトシドーシスなどの報告もありますが、ごく稀なものなのであまりお気になさらなくともよいでしょう。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト