ロゲイン

ロゲイン5%(フォームタイプ)・ミノキシジル外用5%(ローションタイプ)(一般名:ミノキシジル Minoxidil)

AGA
ロゲイン5%(フォームタイプ)
1本 4,900
ロゲイン

ロゲインは1980年代ごろから広まった外用のAGA(男性型脱毛症)治療薬です。頭皮に塗布することで主成分であるミノキシジルが血管拡張効果を発揮し、頭皮の血流を改善。血液を通じて毛包へと栄養分を届けることで発毛を促します。ミノキシジルは開発当初の1960年代には血管拡張効果を目的とした経口剤でしたが、服用者に発毛効果が認められたことからAGA治療薬としての研究が進められたという経緯があります。

現在では日本皮膚科学会が発表したAGA治療ランキングにおいて、フィナステリドと共に「Aランク」(行うよう強く勧められる)を獲得した薬剤として、AGA治療において欠かせない存在になっており、両薬剤の併用がAGA治療のスタンダードになっています。

日本では唯一、大正製薬から販売されている「リアップ」シリーズのみがミノキシジルを含有した育毛剤として流通していますが、大元を辿ればこれもロゲインと変わりありません。大正製薬がロゲインの販売元であるジョンソンエンドジョンソン社から日本での販売権を買い取ったため、日本国内での商品名や包装こそ異なってはいますが、主成分であるミノキシジルを同一としている以上、性質や効果も同等のものになっています。

ロゲイン(ミノキシジル)の使用方法と使用タイミング

フォーム(泡)タイプのロゲインは、頭皮の気になる部分に直接塗布して使用します。塗布したら軽く揉み込んだ後、ドライヤーを使ったりシャワーで洗い流したりせずに自然乾燥を待ってください。1mlを1日2回、12時間ごとに塗布するのが理想です。この時頭皮が清潔かつ乾いている必要がありますので、起床直後と入浴後の塗布がお勧めです。塗布する回数が十分でなかったり、タイミングが不規則だと血中濃度が安定せず、十分な効果を得られない可能性があります。塗布し忘れの防止も兼ねて、毎日決まったタイミングで塗布して頂くことを強く推奨します。/p>

ロゲイン(ミノキシジル)の効果と副作用

ロゲイン(ミノキシジル)による発毛効果は、早い方であれば3ヶ月、平均的には半年~1年程度で表れてきます。有効な成分であることは間違いありませんが、AGA治療の特性上長い期間を要しますので根気よく塗布を続けていってください。また、副作用として頭皮のかゆみやかぶれ、ふけの発生、低血圧、性欲減退、手足のむくみといった症状が出ることがあります。外用薬であるロゲインの場合、重篤な症状になることはほぼありませんが、気になる方は医師にご相談ください。独断で塗布量を増やしたり、逆に副作用を心配するあまり塗布量を減らしたりすることもお止め下さい。

ロゲインを使用することでAGA治療につきものの「初期脱毛」が起きることがありますが、これは副作用ではありません。乱れたヘアサイクルが通常周期に戻る過程で、古く細い髪が新しく生え変わろうとしているため起きるものです。発生の有無と期間には個人差がありますが、概ね1か月程度で収まると言われています。1か月を越えても脱毛が続く場合は、別の原因である可能性があるため医師にご相談ください。

ミノキシジルローション

AGA
ミノキシジル5%ローションタイプ
1本 4,500
ミノキシジル10%ローションタイプ
1本 8,500
ミノキシジルローション

ユナイテッドクリニック大阪院では、ロゲインと同じミノキシジルを主成分とするミノキシジルローションも取り扱っております。

ロゲインは泡状(フォームタイプ)ですが、ローションは液状となっています。また当院で取り扱っているロゲインのミノキシジル含有量は5%ですが、ミノキシジルローションは5%と10%の2種類の用量をご用意しております。ミノキシジルローション5%とロゲインの効能・効果はまったく同じですので、どちらを選ぶかは泡状がいいか液状がいいかの好みの問題となります。価格はローションタイプの方が若干お安くなっています。

より高い発毛効果をご希望の方はミノキシジルローション10%の使用をお勧めします。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト