アボルブ

アボルブ (一般名:デュタステリド dutasteride)

アボルブとは

アボルブ

アボルブ(有効成分名:デュタステリド)とは、AGA治療薬として広く知られるプロペシア・プロペシアジェネリック(有効成分名:フィナステリド)と同様に5-α還元酵素阻害薬に分類され、前立腺肥大症に適応がある薬です。AGA進行抑制効果があることが知られており、AGA専門クリニックではAGA治療薬として以前から適応外使用されてきた薬剤です。

男性ホルモンであるテストステロンは5-α還元酵素の働きにより,AGAや前立腺肥大症の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。5-α還元酵素は側頭部と後頭部の皮脂腺に多く存在するⅠ型と、前立腺と前頭部から頭頂部にかけての毛乳頭に多く存在するⅡ型に分類されます。AGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)がⅡ型5-α還元酵素にのみ作用することに対し、前立腺肥大症治療薬であるアボルブ(デュタステリド)はⅠ型・Ⅱ型両方に作用する事からより強いAGA改善効果が期待できます。

アボルブは今日では多くのAGA治療を行うクリニックで処方され、また製造元であるグラクソ・スミスクライン社はアボルブと全く同一のデュタステリドを有効成分としたAGA治療薬であるザガーロの販売も開始しています(ザガーロとアボルブは適応症の違いだけで成分はまったく同じ薬です。効能・効果も同じです)。 プロペシア(フィナステリド)使用で期待したAGA改善が認められなかった方はアボルブ(デュタステリド)への切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

アボルブの効果・服用方法

通常のAGA治療では0.5mgカプセルを1日1回服用してください。効果については食事の影響を受けない事から、食前・食後とご自身の都合のよいタイミングで服用してください。また飲み忘れにより効果が減弱する可能性が高い事から「毎朝飲む」等、服用時間を決めて習慣化する事もお勧めです。 服用開始(連日投与)約3ヵ月程度で普段より抜け毛が減少し、うぶ毛の増加などが認められる場合がありますが、効果判定には最低でも6ヵ月程を有します。また個人差もありますが1年~3年程度の連日投与により抜け毛の進行が抑えられたといった方もいらっしゃいます。

AGAに対する作用機序は基本的にプロペシア(フィナステリド)と同様で、男性ホルモンの一種であるテストステロンを、AGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換してしまう酵素である5-α還元酵素の働きを抑制します。 この作用により頭皮の皮脂腺・毛乳頭部に存在するDHTの量も減少し、髪の毛の成長・抜けるサイクルが通常に戻り薄毛が改善されていきます。 またアボルブは髪の毛の成長を促進し発毛を促す成分であるミノキシジルとの併用が可能で、相乗効果でより高いAGA改善が期待できます。

アボルブの副作用

アボルブ(デュタステリド)にはごく僅かですがリビドー減退、勃起機能障害、食欲不振といった副作用の報告があります。またこれらの副作用の報告は同様の作用機序であるプロペシア(フィナステリド)にもあります。
また副作用とは意味合いが少し異なりますが、アボルブの服用開始後2週間程から、一部の方に「普段より抜け毛の量が増加する」いった現象がみられる事があります。 この抜け毛量の増加は「初期脱毛」といい、アボルブの作用によってヘアサイクルが正常化する事により、これから正常な髪の毛が生えてくる準備の為に、既に脱毛を待つ状態だった弱い毛が抜ける事により起こるとされます。 初期脱毛に驚きアボルブの服用を自己判断で中断してしまう方もいらっしゃいますが、中断する事により正常に戻りかけたヘアサイクルがAGAの状態に戻ってしまいますのでご注意ください。

初期脱毛が気になる方はアボルブを処方してもらった医療機関に相談するといいでしょう。

PAGE TOP
タップで電話発信します
06-6484-9633
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト